季節と問わず大活躍!キャベツの栄養と効能をご紹介!

こんにちは!BEYOND北千住店です!

暖かい気候が続き、春野菜も美味しい季節となりましたね!なかでもキャベツは、あらゆる料理に活用できる万能性に加え、栄養面でみてもとても優秀な食材です!

本日はそんなキャベツの魅力について、ご紹介していきます!

目次

1.キャベツの魅力
2.キャベツといえばキャベジン=ビタミンU
3.胃粘膜の保護作用や風邪予防に期待
4.スープや煮込みは、汁ごと食べて栄養をキャッチ

キャベツの魅力

キャベツは便利な常備野菜のひとつ。葉のやわらかい春キャベツから甘みの強い冬キャベツまで、1年を通しておいしさを楽しめる野菜です。キャベツから発見されたといわれるビタミン様物質、ビタミンU (キャベジン) を含みます。胃炎や胃潰傷の予防に働くとされ、胃腸薬の主成分としても使われます。また、風邪予防に効果的なビタミン Cも豊富。強い抗酸化作用に期待が高まるイソチオシアネートも含んでいます。

キャベツといえばキャベジン=ビタミンU

ビタミン様物質であるビタミンUは、キャベツに特徴的な成分です。ビタミンでは、ビタミンC・Kや葉酸が多く、カリウムやカルシウムなどのミネラルも豊富です。また、食物繊維をたっぷり含むこともポイントです。さらには、イソチオシアネートという成分も含んでいます。

胃粘膜の保護作用や風邪予防に期待

ビタミンUは胃の粘膜を保護したり、いたんだ胃壁を修復したりして胃炎や胃潰癌を予防します。ビタミンCが風邪予防や肌の調子を整えるのに働くほか、食物繊維の整腸作用による便秘改善も期待されます。イソチオシアネートは抗酸化作用があり、生活習慣病予防効果にも期待が高まっています。

スープや煮込みは、汁ごと食べて栄養をキャッチ

ビタミンCは水溶性のため、水にさらし過ぎるのはNGです!春キャベツは葉がやわらかいので、生のまま食べるのがおすすめ。冬キャベツは葉が肉厚で、スープや煮物にも向いていますが、汁ごと食べて溶け出た栄養を逃さないことがポイントです。 ビタミンCは芯に多いので、芯も捨てずに使いましょう!

いかがでしたか?こうしたお野菜は日頃から積極的に活用していきたいですね!春キャベツは緑が濃くみずみずしいものを選ぶと美味しいです!あらゆる料理で活躍してくれること間違いなしです!

BEYOND(ビヨンド)ジム北千住店

住 所  東京都足立区千住3丁目-1藤田ビル4階
電 話  TEL 03-4361-0322
営業時間 平日 10:00~22:00 祝日 10:00~22:00

お問い合わせ:カウンセリング・体験トレーニングご予約受付

Produce by BEYOND

北千住にあるダイエット・ボディメイクに特化したパーソナルトレーニングジムです!リバウンドしない健康的なカラダ作りをコンテスト大会実績者のトレーナーが徹底サポートします!お気軽にお問い合わせください!(^^)/